2019年春 瀬戸内国際芸術祭

2019年春 瀬戸内国際芸術祭:春期の見どころ総まとめ

2019年春 瀬戸内国際芸術祭:春期の見どころ総まとめ

こんにちは、旅好き余白レディ(@yohakulady)です。

瀬戸内国際芸術祭2019 春期は今週末で終わってしまいます。
今のうちに見ておくべき&おすすめの作品をまとめました。

 

必ず行くべき【沙弥島】

沙弥島(しゃみじま)は春期のみ参加の会場です。

島とついていますが陸つながりの半島です。瀬戸大橋のたもと、坂出の瀬戸大橋記念公園からすぐ。本州から車で行く場合は最初の芸術祭会場となります。

ここでは今回の瀬戸内国際芸術祭2019で新作となる3作品は必見です。

 

そらあみ〈島巡り〉

西ノ浜にある漁網をつないだ、五十嵐靖晃の作品です。波に揺られ、風に揺れます。海の透明度を引き立てる鮮やかな透明感のある作品です。

瀬戸内国際芸術祭

この近くでは地元の人による軽食やお弁当の販売もあります。晴れた日の浜辺でとるランチもいいですね。

 

ヨタの漂う鬼の家

旧沙弥島小・中学校の近くにあるナカンダ浜にある、Yottaの作品です。暮らしが営まれる家船から着想を得て、現代に寛容な海の世界を取り戻すことをテーマに作られています。

瀬戸内国際芸術祭

 

ピボット

旧沙弥島小・中学校の校庭に並んだマデライン・フリン+ティム・ハンフリーによる作品です。ポップなカラーのシーソーは乗ってマイクに話しかけるとAIが反応して会話も楽しむことができます。

瀬戸内国際芸術祭

 

優先して行くべき【小豆島】

瀬戸内海でもっとも大きい小豆島にはいくつか港があります。新岡山港から土庄港まではフェリーで1時間10分、高松港から土庄港まではフェリーで1時間です。

広い島内は小豆島オリーブバスが運行しています。1日乗り放題の小豆島フリー乗車券(1,000円)を購入し、時刻表を確認して効率的に回ったほうがよいですよ。

主な作品だけでも1日で回るのは難しいので小豆島で1泊するか、2回に分けるか、車で回ることを検討したほうが良さそうです。

すでに私が鑑賞できた作品の中から、今回の新作や感動的なスポットを紹介します。

 

小豆島の恋

中山地区のバス停春日神社前にある、ワン・ウェンチー(王文志)による大きな作品です。道路から見下ろして全体像を見ることができます。段々田を下って真近で見て、中に入って空間を楽しむこともできます。

帰り道は急な坂道を上がらなければなりませんが、もちろん作品まで見に行きましょう。竹を編んで作られた複雑な曲線を描くドームの中に入ると、透けて入る光と通り抜ける風の心地よさに感動します。

瀬戸内国際芸術祭 瀬戸内国際芸術祭

 

迷路のまち〜変幻自在の路地空間〜

土庄の町中にある、迷路のまちに作られた、迷路のまちです。目というユニットの作品です。古い家屋の中に洞窟のような迷路のまちが作られていて、中には靴を脱いで入ります。この曲線と空洞で区切られた真っ白い空間にいるとひんやりと感じられます。

瀬戸内国際芸術祭

 

国境を越えて・波

バス停大部近くにある、リン・シュンロン(林舜龍)による大きな作品です。竹で作られた丸くてふわふわした海洋生物のような造形です。中に入るまでのアプローチにワクワクし、中に入ると静かな波音がその世界観を増長します。そこから見える海や建物下部にもしかけがあって楽しいです。

瀬戸内国際芸術祭 瀬戸内国際芸術祭

もちろん、瀬戸内海を代表するアートの島直島や女木島・男木島でも存分に作品を楽しむことができます。

今回は春期に鑑賞するのをおすすめしたい作品を紹介しました。