退職

退職:国民年金保険料納付書が届き納付しました

退職:国民年金保険料納付書が届きました

2019年3月末で某大手百貨店を退職した余白レディ(@yohakulady)です。

退職後約2週間で自宅に離職票が届きました。その後すぐに国民年金に加入する手続きを行い、やっと納付書が届いたので納付してきました。

国民年金の加入

退職日翌日から必然的に国民年金の第1号被保険者となります。種別変更の手続きをして保険料を自分で納付しなければなりません。

手続きは退職後14日以内となっていますが、離職票がなければできません。私の場合は土日をはさみ、退職後15日目に手続きを行うことになりました。(厳密にいうと期限遅れですがまったくお咎めはありませんでした)

 

国民年金加入の手続き

4月15日に離職票、年金手帳(青い手帳)、印鑑を持って、市役所の年金窓口に行きました。

用意されている書類に記入して、2〜3分で終了します。
年金事務所から納付書が届くまで約1ヶ月半かかると聞きました。

 

国民年金の納付

5月27日に国民年金の保険料納付書が届きました。

なかには、4月分〜翌年3月分までの毎月の納付書と、6月〜翌年3月分を一括で支払う前納納付書、半年分(10月〜翌年3月)をまとめて支払う下期納付書が入っていました。
口座振替申込書も入っています。

 

国民年金の保険料

令和元年度の国民年金保険料は月額16,410円です。

無知で知りませんでしたが、国民年金保険料は年齢や年収に応じて変動しません。また、毎年金額は変動します。

いくつかの納付書が届いたとおり、毎月支払いでも可能、半年分・1年分まとめて支払うことが可能です。また、年金事務所に申し込むと2年分前納することも可能です。

 

国民年金の前納

まとめて前納すると支払い忘れを防ぐばかりか、割引されるメリットがあります。

今年度の場合の割引額は以下のとおり。

2年前納→〈現金の場合〉14,520円割引・〈口座振替の場合〉15,760円割引
1年前納→〈現金の場合〉3,500円割引・〈口座振替の場合〉4,130円割引
6ヶ月前納→〈現金の場合〉800円割引・〈口座振替の場合〉1,120円割引

今回私の場合は、6月〜翌年3月の10ヶ月分を前納できる納付書が届いています。これを使用すると、2,390円割引となります。

令和2年度と3年度の24ヶ月分をまとめて「2年前納」するよう、来年は早めに年金事務所に申し込もうと思います。

 

国民年金の納付方法

  • 納付書による現金納付
  • 納付書によるnanaco納付(セブンイレブンのみ)
  • 納付書によるPay-easy納付
  • 口座振替
  • 事前申し込みしたうえでクレジットカード納付

今回私は、4月分と5月分をセブンイレブン店舗レジで、nanacoで32,820円納付しました。

先日のキャンペーン中にnanacoに50,000円チャージしていたのでお得に納付することができたと思います。

 

企業年金基金

来月には6月〜翌年3月の10ヶ月分を前納支払いするつもりです。その金額は161,710円。

この支払いは、nanacoと現金にするつもり。nanacoカードは1枚しか所有していませんが、もう1枚作ったほうがいいかと考えているところです。

クレジットカード納付する場合はあらかじめ年金事務所に申し込む必要があります。
2年前納の場合は2月末日までに申し込み、4月末日に立替納付される流れのようです。

来年以降は2年前納・クレジットカード納付を行い、少しでもお得になるよう試みるつもりです。