旅じたく

旅に持って行く便利なもの【無印良品 ネックピロー】

無印良品 ネックピロー

こんにちは、余白レディ(@yohakulady)です。

無印良品で人気のネックピローを長年愛用していますが、便利なものを見つけました。今後はこちらを使います。

長距離移動に欠かせない、らくちんグッズ

必ず必要なのはネックピロー。飛行機や夜行バスなど、睡眠時間を含むような長距離・長時間の移動時に欠かせないもの。

移動中の睡眠は大切ですが、眠れない人ほどネックピローの快適性を重視したほうがよいです。十分な睡眠によって時差と体内時計を調整して、現地での滞在を快適にすることを最優先すべきかと考えます。

 

無印良品の定番ネックピロー

これまで無印良品では、かさばるネックピローしかありませんでした。フード付きで寝やすさを追求したネックピローもあります。

私はフードのついていないタイプをこれまで使っていました。ビーズクッションが効いていてやんわり首にフィットして移動中も違和感なく眠ることができる名品です。

 

旧来のコンパクトなネックピロー

一方、空気を入れて使うネックピローもよく売られていますが、十分に空気を入れるのは結構たいへん。また、素材がビニールのため寝心地のよいものではありません。最近は利用している人が少ない印象です。

 

無印良品のコンパクトなネックピロー

そこで、今回発見した、くるくるたためるネックピロー

無印良品

くるくるたたんで専用ポーチに入れると、エビアン750ml程度の大きさにコンパクトになります。約260gと重さも気になりません。

もちろん機能も優れています。着用する時は首元のボタンでサイズ調整もでき、低反発ウレタンがしっくりなじむようです。

くるくるたためるネックピロー

 

実際に使ってみました

まず便利なのは500mlペットボトル超のコンパクトなサイズ感と軽さが持ち歩きやすさを格段にあげました。

これならば機内持ち込みバッグの底に入れておいても邪魔になりません。

ウレタン素材がしっかりしているため専用ポーチから出し入れしづらいですが、この低反発ゆえ首にフィットします。

しかし、首にフィットしすぎるのと熱をこもる材質のせいか、汗ばむ可能性があります。もう少しフィット感調整できるような設計だとよいかと感じました。

今までかさばるネックピローが旅の荷物を大きくしてしまっていましたが、これを改善できたのは大きな前進です。ますます便利になった旅の装備を揃え、次の旅をますます楽しみになりました。